読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギョウカイのはしくれ

ギョウカイの外角低めアウトコースで働くアラサーのお兄さんの雑記

【感想】【映画】『湯を沸かすほどの熱い愛』から考える「母の愛」。

母強し。

atsui-ai.com

 

夫(オダギリジョー)が蒸発したお風呂屋さんのお母ちゃん(宮沢りえ)。

その娘さん(杉咲花)は学校で上手くいってない。

お母さんはガンに侵されていて余命が数ヶ月。

 

重い。

その他にもこのご家族に色々と大変なことが起こります。

泣きまくりでした。

 

印象に残ったシーン。

 

娘さんがいじめられて学校に行きたくないとベッドから出てこないシーン。

お母ちゃんは娘から布団を引っぺがし学校に行きなさい!と強く促す。

 

優しいお母さんだったら、

「大丈夫だよ、学校なんて行かなくたっていいんだよ」

と優しく言っちゃうかもしれないんですけど、やっぱり逃げちゃダメですよね。

 

娘さん制服を隠されちゃったんですけど、お母ちゃんは体操服で学校に行きなさい!という訳です。

 

www.youtube.com

 

逃げちゃダメda!

 

色んな事に向き合う事を教えてくれるお母ちゃん。

優しさだけが愛じゃない。

 

人生、逃げたい事だらけですが、向き合う事の大切さを感じました。